INTERVIEW

「現場の声」を大切にし
業務の質の向上を目指す

  1. HOME
  2. 社員の声
  3. お客様からの「ありがとう」が喜びになる

杉浦さん
25歳

お客様からの「ありがとう」が喜びになる

警備という仕事を選んだ理由
元々、駐車場の警備をしたことがあった。
自分にも出来るんだと思った。警備という仕事のイメージが変わった。
苦ではないなと思った。
前職は、宅配業者
トーセイコーポレーションに入社したきっかけ
ある人にトーセイコーポレーションを勧められた。
「いい会社だよ。」
「このあたりじゃ、人数も多いところだよ。」と。
ネットで調べたら、警備業に加え、列車見張りもやっていた。
しっかりしてる印象を受けた。
その後、面接、採用となった。
現場で嬉しいこと 嬉しかったこと
駐車場警備、ららぽーとで歩行者のポジションを守る。
お客さんから「ありがとう!」と言われる。
寒い日や暑い日には「大丈夫?」と直接声をかけてくれる。
立ち仕事ということもあり、声をかけてもらうと、とても嬉しい。
現場で大変なこと
駐車場警備では、歩行者や一般車両、
工事現場では工事車両や作業員、歩行者や一般車両に対して
安全の為に。間違ってはいけない。
よって、こちらからお願いしなければならないことも多いが
言うことを聞いてくれない場合もある。
「止まって下さい。」の時に
急いでるからと、止まってくれなかったり…と。
あわせて、自分の身も守りながら。
警備業。やりがいを感じるとき 日々感じること
誘導の技術や、コミュニケーションが難しい現場もある。
難しい現場をうまくまわせるとやりがいを感じる。

お客様に納得してもらえたとき。
飲食店の待ち時間に、どうしたらスムーズに流れるのか常に考える。
周りの状況をよく見ながら、早い方を考える。伝える。

年配者と組むとなかなかコミュニケーション難しい。
自分が良かれとと思っても、相手の考えもあるので、強く言わない。
柔らかく言えば、動いてもらえる。
よく観察して、言い方も変えながら接するようにしている。

今後、資格取得も考えている。