列車見張業務とは

作業の安全、列車の安全定刻運行をサポートします。

列車見張業務について

列車見張員(JR東海在来線及び新幹線有資格者)を配置し、
作業の安全、列車の安全定刻運行をサポートします。

 

列車見張業務とは、鉄道の安全・安定輸送のため、また作業員等の安全を確保するために、列車運行を専任で監視する仕事です。

主な業務内容は、軌道工事あるいは線路に近接する工事を行う際、列車の運行を確認し、工事作業員に列車の近接を伝達し、列車の安全運行の確保及び接触事故を未然に防止します。その他、線路内もしくは営業近接作業で重機を扱う際に重機の誘導を行います。

列車見張員の資格は、鉄道線路の工事、あるいは鉄道線路に近接する工事をする際に、鉄道車両の接近を監視(見張り)、乗客や一般通行者、工事関係者の安全・安心を確保する作業に必要な資格です。
日本鉄道施設協会が主催する保安講習(講義、試験、クレペリン)と実技試験、その他いくつかの講習を受けた後に発行されます。有効期限は1年間(JR東海)、また取得後も年に3回事故防止教育を受けることになります。(クレペリンは3年毎)

 

列車見張員は営業線またはこれに隣接する作業現場において、列車及び作業員の安全を確保することを任務とし、次の事項を行います。
1. 指定された位置での専念見張
2. 列車等の進来、通過の監視
3. 列車等接近予告及び接近の合図
4. 作業員などの待避後の安全確認
5. 列車乗務員等への待避完了の合図

 

各種警備業務の一覧へ